地域福祉サービス

地域福祉サービス

地域サービス
障がい者のために
  • かりんちゃんとは
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

地域福祉活動について

地域福祉活動計画

社会福祉協議会と地域福祉活動計画

 鈴鹿市社会福祉協議会(以下市社協という)では、地域住民をはじめ、様々な地域の関係団体のほか、行政や社会福祉事業者等と協働し、地域福祉活動への支援やボランティア活動の推進、福祉教育、まちづくりをはじめ、地域に必要な福祉サービスの提供や相談支援等に取り組んでまいりました。
 私たちが住むまちには、こどもからお年寄り、障がい者の方、外国人など様々な人々が暮らしています。最近は地域のつながりが弱くなり、挨拶することや交流する機会が少なくなる中で、様々な生活課題を抱える方々が地域で孤立し、生活に困窮しています。
 みんなが安心して暮らせるまちをめざして、これらの課題を少しでも解決できるよう地域住民がひとつになって取り組む地域福祉が、今求められています。この地域福祉を推進するため、市社協では地域住民のみなさんや、福祉関係者、地元企業の方、学生のみなさんなど様々な立場の方々の意見を反映し、議論を重ね、平成17年に第1次、平成22年に第2次計画を策定し、平成28年には第3次地域福祉活動計画を策定いたしました。

鈴鹿市との連携

 鈴鹿市には、地域福祉を取り巻く課題に対応していくために、地域住民や関係団体、事業者等が協働して取り組んて行くための推進体制や理念をまとめた、「地域福祉計画」(行政計画)があります。この計画を実行するための具体的な行動計画となるのが、「地域福祉活動計画」です。これらの計画を一体的に策定することにより、地域福祉に関わる方々の役割がより明確になり、より実効性のある計画になります。

計画の体系と内容

基本理念

●一人ひとりが”元気なまち”をみんなでつくる
●一人ひとりが”しあわせな暮らし”をみんなで支える

計画1.地域活躍する人づくり
ポイント1.地域櫛の担い手づくり
☆子ども向け認知症サポーター養成講座の開催
ポイント2.ボランティアの育成
☆さりげなく手を差し伸べられる、ちょこっとみまもりたい(隊)の育成
ポイント3.地域で活躍するリーダーの養成
☆生活支援コーディネーターなどの配置
計画2.多様なニーズのための支援体制づくり
ポイント1.福祉教育の充実
☆学校での学習と交流を通し、心のバリアフリー交流事業
ポイント2.様々な国の人たちとの交流
☆多文化共生を目指す地域活動支援・情報伝達の仕組みづくり
ポイント3.気軽に相談できる窓口を
☆いろいろな悩みごとを相談できるひきもこり総合相談窓口
ポイント4.なやみごとを抱えないまちへ
☆こどもたちを守るためにこども救済ネットワークをつくります
計画3.みんなが支え合う地域づくり
ポイント1.地域の見守り活動
☆地域における見守り支援ネットワークの構築
ポイント2.地域で支え合う仕組みや拠点づくり
☆地域住民参加型在宅福祉サービスの実施
ポイント3.災害への備え
☆災害ボランティアセンターと地域との連携
計画4.地域力を生み出す社協基盤づくり
ポイント1.寄付や募金の仕組み
☆目指せ!かりんちゃんサポーターズ20万人計画
ポイント2.イメージキャラクターの活用
☆決行!かりんちゃん地域福祉大作戦
ポイント3.情報・広報の工夫
☆こんなとこにもかりんちゃん!地域のイベントでふくし活動をPR

鈴鹿市地域福祉活動計画(ダイジェスト版)

  • ※PDF形式の書類を読むまたは印刷するには、AcrobatReaderが必要です。インストールしてない方はこちらからダウンロードしてください。(無償)
地域福祉活動計画評価推進委員会報告

評価推進委員会報告書(平成30年6月19日開催)

委員会資料(事業評価シート)

  • ※PDF形式の書類を読むまたは印刷するには、AcrobatReaderが必要です。インストールしてない方はこちらからダウンロードしてください。(無償)

▲ ページトップへ

鈴とも(鈴鹿市地域福祉活動計画における多文化共生の取り組み)

「鈴とも」とは、第2次鈴鹿市地域福祉活動計画で推進される多文化共生の取り組みのひとつであり、鈴鹿市における多文化共生の諸問題について、国籍を問わず、各国の方々とともにみんなで話し合い企画実行に移すことを目指すグループです。

鈴ともの構成員

外国籍の方(日系ブラジル人等)、NPO法人愛伝舎の職員、外国籍の介護職員、ケアマネジャー、民生委員、大学生、ボランティアなど。

  • ※地域福祉活動計画策定時より参加していただいた方々に加え、参加希望者がいれば随時、参加していただいています。
鈴ともの取り組みについて

鈴とも会議(定例会)

 毎月1回(第3火曜日19時~21時)開催。鈴ともが行う活動について話し合う場。鈴鹿で暮らす外国籍の当事者の方から生活上の悩み等についてお聞きしながら、活動に反映させています。

アンケート調査の実施

 鈴鹿市における多文化共生の現状の把握を目的として、「多文化共生に関する意識調査検討委員会」が鈴鹿市在住の日本人・外国籍の方を対象にアンケート調査を実施。調査の結果を今後の活動に活用をしていく(平成22年度)。

「介護ヘルパーアミーゴ教室」の開催

 当事者の声やアンケート調査の結果を基に、鈴とも会議にて課題の検討を行い、派遣切り等で仕事を失い、介護の仕事に就こうと考えている方が増えているがわかり、外国籍の方を対象にした介護教室を開催。介護の仕事に興味のある方やヘルパー2級の資格を持っているが、現在仕事に就いていない方を対象に開催しました(平成23年度)。

国際交流サロンの開催

 アンケート調査の結果の中で、外国籍の方が望んでいるにも関わらず、地域で日本人の方の交流する機会が少ないことがわかり、日本人と外国籍の方が国籍・年齢を問わず、お互いのことをもっと理解し合い、国際交流を深めるために、世界の料理や音楽等をテーマにしたイベントを開催(平成24年度)。

その他の活動

 鈴鹿市や他市で行われるイベントにブラジルのサンバや出店等を通じて参加したり、地域とのつながりを作ることを目的に、地域の学生や住民に協力を呼び掛け、一緒にイベント等に参加し、外国籍の方と日本人の方の交流を深める活動を行っています。

▲ ページトップへ